プラスチック図書館
図書館トップ

マテリアルリサイクル

マテリアルリサイクルとは

 マテリアルリサイクル(材料リサイクル)とは、廃プラスチックをとかして、もう一度プラスチックの原料にして、新しい製品をつくる技術です。

 マテリアルリサイクルされるものは、以前はプラスチックの製造、加工や商品の流通段階で排出される廃プラスチックがほとんどでしたが、現在は、容器包装のごみや廃家電など、家庭やお店、事務所から出る使用済みプラスチックもマテリアルリサイクルの対象となっています。

 マテリアルリサイクルするとき、汚れや異物が多いと、品質のよいリサイクル製品ができません。使用済みのプラスチックは、よく洗って、まちのルールにしたがって分別して出すことが大切です。

マテリアルリサイクルのしくみ

マテリアルリサイクルのしくみ

リサイクル製品

 廃プラスチックを原料にした再生加工品には、コンテナ、ベンチやフェンス、遊具、土木シート、包装運搬、土木建築、住宅、公園、道路、鉄道、農林水産関係の用品や施設までさまざまなものがあります。これらのリサイクル製品は、じょうぶで、軽くて、加工しやすいなど、プラスチックの性質を生かして、鉄やコンクリート、木材のかわりとして使われています。

 一方、家庭などから出される使用済みプラスチック(ペットボトル、発泡スチロールなど)は、繊維製品、包装資材、ボトルや文房具、日用品、ビデオカセットなどに生まれ変わっています。

建設資材や住宅など


マンホール
エバタ(株)

ベンチ
川瀬産業(株)

公園のぎ木
株式会社サンポリ

マンホールのふた
城東テクノ(株)

プラスチック製レンガ
(株)タイボー

車止め
(株)タイボー

踏み切り盤
タイトー工業(株)

ポール
(株)タイボー
写真提供:日本プラスチック有効利用組合

日用品など


バスケット

スノコ

フラワーポット
川瀬産業(株)
写真提供:日本プラスチック有効利用組合

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会