プラスチック図書館
図書館トップ

マテリアルリサイクル

マテリアルリサイクルとは

 マテリアルリサイクル(材料リサイクル)とは、廃プラスチックをとかして、もう一度プラスチックの原料にして、新しい製品をつくる技術です。

 マテリアルリサイクルされるものは、以前はプラスチックの製造、加工や商品の流通段階で排出される廃プラスチックがほとんどでした。プラスチックの種類がはっきりしている、汚れや異物(いぶつ)が少ない、量的にまとまっているという理由で原料にしやすかったからです。が、現在では、容器包装リサイクル法が施行(しこう)され、家庭やお店、事務所から出る廃プラスチックも、分別(ぶんべつ)品質(ひんしつ)管理(かんり)配合(はいごう)製造(せいぞう)加工(かこう)技術(ぎじゅつ)の向上などにより、マテリアルリサイクルの対象となるものがPETボトルを中心に増えています。

 マテリアルリサイクルするとき、汚れや異物が多いと、品質のよいリサイクル製品ができません。使用済みのプラスチックは、よく洗って、まちのルールにしたがって分別して出すことが大切です。

マテリアルリサイクルのしくみ

マテリアルリサイクルのしくみ

リサイクル製品

 廃プラスチックを原料にした再生加工品には、コンテナ、ベンチやフェンス、遊具、土木シート、包装運搬、土木建築、住宅、公園、道路、鉄道、農林水産関係の用品、施設用部材までさまざまなものがあります。これらのリサイクル製品は、じょうぶで、軽くて、加工しやすいなど、プラスチックの性質を生かして、鉄やコンクリート、木材のかわりとして使われています。

 一方、家庭などから出される使用済みプラスチック(ペットボトル、発泡(はっぽう)スチロールなど)は、繊維製品、包装資材、ボトルや文房具、日用品などに生まれ変わっています。

建設資材や住宅など


花壇用擬木
(株)サンポリ

散水栓ボックス
城東リプロン(株)

鉄道標識
第一パイプ工業(株)

駐車場車止め
(株)タイボー

パレット
(株)タイボー

公園柵擬木
ヤマム(株)


(株)リプロ
写真提供:日本プラスチック有効利用組合

日用品など


定規
(株)エーペックスジャパン

洗面器
(株)ハイプラ

風呂イス

すのこ

植木鉢
写真提供:日本プラスチック有効利用組合 他

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会