本のイラスト圧縮成形のプラスチック図書館

LIBRARY

圧縮成形はプラスチック成形法の中で最も古い歴史をもっており、熱硬化性プラスチックの基本成形法です。 適温に加熱した金型に必要な材料を入れ、軟化して適度な流動性をおびた時に、加圧して材料を金型内に充填させ、さらに加熱加圧を続け、金型内で完全に硬化させて成形する加工方法です。金型製作コストを抑えやすいのと肉厚製品に向いているのが特徴です。