本のイラスト射出成形のプラスチック図書館

LIBRARY

射出成形は金型を用いた成形法の一つです。合成樹脂などの材料を加熱して溶かし、金型に送り込んだ後、冷やすことで目的とする成形を行います。加工の流れとしては、材料を「溶かす」から始まり、「流す」「固める」「取り出す」「仕上げ加工」の順となります。連続して素早く大量に製造することができるのが特徴で日用品をはじめとして幅広い分野の製品で利用されます。