本のイラスト熱硬化性プラスチックのプラスチック図書館

LIBRARY

熱硬化性プラスチックとは、加熱すると硬化し、一度固まってしまうと再び加熱しても軟化溶融しない性質をもったプラスチックのことです。 代表的なものに、メラニン樹脂・ポリエステル樹脂・エポキシ樹脂などがあります。主な用途としては半導体関係、ガスメーター、食器類などが挙げられます。 最近では自動車部品、二輪車部品などにも採用されています。