本のイラスト押出成形のプラスチック図書館

LIBRARY

押出成形とは、加熱してドロドロに融解された樹脂を型の中から押し出し、そのまま空気や水で冷却して固化させて連続的に成形する方法をいいます。成型品はどこを切断しても同じ断面形状をするのが押出成形の特徴となります。食品に例えると、生クリームの絞り金をイメージするとわかりやすいと思います。金型の押し出し口を様々な形状のものに変えることで、目的の製品の形状を成形できます。用途としてはパイプやダクトのほか、光ファイバーなどの線材、液晶画面の表面保護フィルムなどが挙げられます。