プラスチック図書館
図書館トップ

プラスチックのつくり方

プラスチックの原料(げんりょう)は、昔は石炭(せきたん)でしたが、いまは石油(せきゆ)が使われています。日本では石油は99.6%が外国からの輸入で、そのうち89.5%(2004年・石油情報センターより)をアラブ首長国連邦(しゅちょうこくれんぽう)、サウジアラビア、イラン、クウェートなどの中東(ちゅうとう)の国から輸入しています。
プラスチックは、
原油(げんゆ)石油精製工場(せきゆせいせいこうじょう)→ナフサ→プラスチック原料(げんりょう)→プラスチック加工(かこう)→プラスチック製品(せいひん)
という流れで製品になります。

原油(げんゆ)からナフサまで



原油(げんゆ)採掘風景(さいくつふうけい)
写真(5)原油の採掘風景

タンカーではこぶ
写真(7)タンカー

石油精製工場(せきゆせいせいこうじょう)
写真(6)石油精製工場
写真提供:出光興産株式会社(上記3点とも)


原油(げんゆ)からできるもの
チャート(1)原油からできるもの


ナフサからペレットまで



ナフサから原料(ペレット)まで
チャート(2)ナフサからプラスチック製品まで

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会