プラスチック図書館
図書館トップ

いろいろな成形法

たいやきタイプ (1)たい焼きタイプ
圧縮成形(あっしゅくせいけい)
たいやきタイプ
金型(かながた)に原料を入れ、熱や力を加えて形をつくる。
たいやきタイプ
おわん、さら、キャップ、トレイ、おもちゃなど立体的(りったいてき)なもの


そばタイプ (2)そばタイプ
(カレンダー成形)
そばタイプ
熱くしたロールで原料をうすくのばしていく。
そばタイプ
シート、フィルム、板などうすくたいらなもの


肉のミンチタイプ (3)肉のミンチタイプ
(おしだし成形(せいけい))
肉のミンチタイプ
つつに原料を入れてとかし、おしだして形をつくる。
肉のミンチタイプ
ホース、パイプ、チューブ、せんいなど


しゃぼん玉タイプ (4)しゃぼん玉タイプ
(インフレーション成形(せいけい)
しゃぼん玉タイプ
(3)でつくったチューブをふくらませてふくろをつくる。
しゃぼん玉タイプ
ポリぶくろ、うすいフィルム


注射器タイプ (5)注射器(ちゅうしゃき)タイプ
射出成形(しゃしゅつせいけい)
注射器タイプ
とかした原料を注射(ちゅうしゃ)のようなもので金型(かながた)に入れる。
注射器タイプ
バケツ、(はち)、プラモデルなど

ペットボトルのつくり方
 ペットボトルの原料は、ポリエチレンテレフタレートといいます。これをせんいにしたものがポリエステルです。
ペットボトルの作り方 試験管(しけんかん)のようなものをあたためて金型(かながた)に入れる
ペットボトルの作り方 (ぼう)でのばす
ペットボトルの作り方 空気を入れる
ペットボトルの作り方 冷やして固める
 注射器(ちゅうしゃき)タイプの成形(せいけい)でつくった試験管(しけんかん)のようなものをあたため、金型(かながた)に入れてから空気でふくらませて、金型(かながた)の形にします。このとき、(そこ)におへそのようなものができます。びん(がた)の入れものの(そこ)を見て、うち(がわ)におへそのようなものができていれば、ペットボトルです。ほかの方法でつくったびん型の入れものだと、(せん)がついています。


発泡(はっぽう)スチロールのつくり方
発泡(はっぽう)スチロールには、3つの種類(しゅるい)があります。魚を入れたり電気製品などを保護(ほご)するために使う発泡(はっぽう)ポリスチレン(EPS)と、食品容器(しょくひんようき)やトレーのポリスチレンペーパー(PSP)、建設資材(けんせつしざい)として使うXPSです。どれもポリスチレンというプラスチック原料をふくらませたものです。
発泡(はっぽう)ポリスチレンのつくり方
〜ビーズをつくる〜
原料(ポリスチレン)にガスをとじこめ、直径(ちょっけい)1ミリぐらいのつぶ(ビーズ)をつくる。
予備発泡(よびはっぽう)する〜
熱を加えて、10倍ぐらいまでふくらませる
〜発泡ポリスチレン(EPS)を作る〜
金型(かながた)に入れ、蒸気(じょうき)で熱すると、ビーズが元の大きさの50倍ぐらいにふくらむ。
乾燥(かんそう)する〜
98%が空気だから軽い。
ポリスチレンペーパーのつくり方
原料(げんりょう)押出(おしだ)()に入れ、筒状(つつじょう)発泡(はっぽう)させる。
筒状(つつじょう)のポリスチレンシートを切り開いて、原反(げんたん)シートにする。
原反(げんたん)シートに(ねつ)をくわえ、真空吸引(しんくうきゅういん)で形を(ととの)える。
カットして成形品(せいけいひん)完成(かんせい)

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会