フロー図②

ケミカルリサイクル(高炉原料化)した場合

ケミカルリサイクル(高炉原料化)した場合の図

「その他プラ」はケミカルリサイクルによって高炉原料(高炉還元粒)となり、高炉に投入されます。高炉還元粒はコークスまたは微粉炭の代替物ですが、これらのデータが入手できなかったこと、そして従来から当協会では石炭を代替物としてきたことから、今回も石炭を代替するものと仮定しています。

リサイクルしない場合
(発電効率10%で焼却発電)

リサイクルしない場合

「その他プラ」は発電効率10%で焼却発電されるものとします。代替物は石炭とし、高炉還元粒の発熱量と同じ量の石炭を仮定しています。