プラスチック図書館
図書館トップ

サーマルリサイクル

RPF

 RPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)というのは、RDF(ゴミ固形燃料)の一種ですが、一部の材料が違います。RPFはラミネート紙などの特殊な紙、ガムテープ、ラベルなど加工した紙、容器包装などのマテリアルリサイクルしにくい古紙や木くずと、塩ビ以外のほとんどの廃プラスチックを、クレヨンのような形にして固めてつくる燃料です。石炭と同じぐらいの発熱量で価格は3分の1と安く、産業廃棄物を使っているため、異物の混入が少ないのが特徴です。

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会