プラスチック図書館
図書館トップ

ガス化システム

プラスチックのガス化とは?

 使用済みのプラスチックの中で、いろいろなプラスチックが混ざっているものについては、マテリアルリサイクルしにくいと考えられてきました。そのようなプラスチックも、すべてむだにすることなく、完全にリサイクルできる方法はないか、と考えられたのが、プラスチックを一度、熱で分解してガスにする方法です。これを、プラスチックのガス化リサイクルシステムと呼んでいます。  この方法で回収した水素や一酸化炭素は、アンモニアなどの原料として使うことができます。

 この方法のもう一つの特徴は、プラスチックを燃やさず熱と圧力でガスに変えるため、大気中に二酸化炭素を放出することもなく、ダイオキシンも分解するので、地球環境を汚染する心配が少ないということです。

ガス化リサイクルの工程 加圧二段式ガス化システムの例

家庭や工場から出されたプラスチックごみには、いろいろな種類のプラスチックが混ざっています。これを効率よくリサイクルする方法が、ガス化リサイクルシステムです。

赤い矢印にマウスを合わせて、イラストを動かしてください。

加圧二段式ガス化炉の写真
写真 写真 写真
(写真提供:荏原製作所)

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会