プラスチック図書館
図書館トップ

リサイクルの法体系

循環型社会形成推進基本法(じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう)基本的枠組(きほんてきわくぐ)(ほう)
2000年6月制定 2001年1月施行
地球の資源をじょうずに使う「循環型(じゅんかんがた)社会」をつくるための、もとになる法律
  • 何よりも「ごみを出さない」こと
  • 出たごみは「できるだけ資源として使う」こと
  • どうしても使えないごみは「きちんと処分すること」
廃棄物処理法(はいきぶつしょりほう)
2003年12月改正施行
ごみについて、決めた法律
  • 安全・適正な廃棄物の処理施設を整備する
  • ごみを捨てる事業者の責任
  • 野外焼却の禁止 など
資源有効利用促進法(しげんゆうこうりようそくしんほう)
2000年6月制定 2001年4月施行
リデュース、リユース、リサイクルについて決めた法律
  • 発生抑制…製品の省資源、製品の寿命をのばす、修理体制の充実など
  • 再利用…製品や部品を再利用する、リユース部品の販売など
  • 再生使用…ゴミを原材料にもどして使う
循環型社会形成推進基本計画(2003年)

「循環型社会形成推進基本法」にもとづく実行計画です。

第2次循環型社会形成推進基本計画(2008年)

・「循環型社会」(3R=リデュース・リユース・リサイクルによる資源循環)
・「低炭素社会」(温室効果ガス排出量をへらす)
・「自然との共生」

資源有効利用促進法(しげんゆうこうりようそくしんほう)にもとづく(ほう)制度(せいど)

一般廃棄物(いっぱんはいきぶつ)
一般廃棄物の図
リデュース
(ごみを出さない)
リユース
(何度も使う)
リサイクル
(原材料として再利用)
製品を作るときは
資源をあまり使わないで、長持ちするものを作る 何度も使える部品で作る 製品の分別回収とリサイクルは作った人、売った人の義務
産業廃棄物は
ごみが出ないようにして作る   ごみも原材料にできるように計画を作る
産業廃棄物(さんぎょうはいきぶつ)
産業廃棄物の図
グリーン購入法
2000年5月制定 2001年4月施行
再生品や環境に配慮して作られた商品を買うようにすすめる法律

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会