プラスチック図書館
図書館トップ

プラスチックの種類別(しゅるいべつ)リサイクルのしくみ

1 ペットボトルのリサイクル〔マテリアルリサイクル〕

(PETボトルリサイクル推進協議会資料から)

ペットボトルの生産量(せいさんりょう)分別(ぶんべつ)回収(かいしゅう)率の年次グラフ
出典:PETボトルリサイクル年次報告書2010年度版


ペットボトルリサイクルの流れ

(1)各家庭から収集(しゅうしゅう)場所へ、分別(ぶんべつ)して出す

(2)自治体(じちたい)分別収集(ぶんべつしゅうしゅう)

(3)選別(せんべつ)(キャップやラベルなどのちがう種類(しゅるい)樹脂(じゅし)金属類(きんぞくるい)を取りのぞく)

(4)圧縮(あっしゅく)保管(ほかん)運搬(うんぱん)しやすいように、押しつぶして小さくする)

保管(ほかん)

ベール品

ベール:PETボトルをつぶしてヒモでひとまとめにした(圧縮(あっしゅく)梱包(こんぽう))もの。ベール(bale)は(たわら)梱包(こんぽう)という意味です。


(2)再商品化事業者(さいしょうひんかじぎょうしゃ)(原料にもどす)

フレーク:PETボトルを8ミリ角ぐらいの大きさに切って、よく洗って(かわ)かしたもの。フレークは(うす)(へん)という意味です。

ペレット:フレークを一度と溶かして小さなつぶ状に加工(かこう)したものです。運搬・貯蔵(うんぱん・ちょぞう)がしやすくなり、主にせんいにするときに使われます。ペレットは小さな弾丸(だんがん)丸薬(がんやく))という意味です。
写真:PETボトル推進協議会パンフレットより
(フレーク、ペレット写真提供:西日本ペットボトルリサイクル株式会社)


(3)→各再生製品(さいせいせいひん)の工場へ
  • ペレットになったものは、せんいとしてリサイクルされると、たとえば、500ccのペットボトル9本分で、ポリエステルが70%入った(混紡(こんぼう))制服(せいふく)ができます。また、ペットボトル12本分でスポーツウエア上下1着がつくれます。


ペットボトルのリサイクルがスムーズに行えるようにするためには、次のようなことを心がけましょう

  • ペットボトルのなかみは必ず捨てる。
  • きれいに洗う。
  • キャップをはずす。
  • ラベルをはがす(ラベルははがさない状態(じょうたい)で集めていますが、はがしてあるほうが、リサイクルしやすい)。
  • つぶす(横にしてつぶします。かさばらない)。

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会