プラスチック図書館
図書館トップ

私たちが出すごみ

日本では一人平均、1日に約1.033kgのごみが出ます。1年間にすると日本全体では 4,811万トン、東京ドーム130杯分にもなります。(2008年度)(注:この数字は家庭から出るごみとお店や事務所から出るごみ=一般廃棄物(いっぱんはいきぶつ)です。産業廃棄物(さんぎょうはいきぶつ)は約4億366万トンでした)


一般廃棄物…家庭系廃棄物(家庭から排出される廃棄物)と、事業系廃棄物(産業廃棄物に指定されていない商店、事務所、工場などから排出される廃棄物)の2種類に分けられます。

産業廃棄物…事業活動にともなって生じた廃棄物のことで、工場で製品をつくるときに出るものや、工事現場から出るごみ、学校から出るごみなどがあります。

わたしたちのくらしのごみは、どうなるのか見てみましょう。

ごみは、大きく分けると、(1)()める、(2)燃やす、(3)もう一度資源(しげん)にもどされる、という3つの方法で処理されます。


(1)()めるとどうなる?
ごみを()めるためには、広い土地が必要です。()め立て処分(しょぶん)だけでは、地球はごみだらけになってしまうため、()め立て処分(しょぶん)するごみはへらさなければなりません。

(2)燃やすとどうなる?
燃やすと(はい)になるので、()め立て処分(しょぶん)にまわすとき、場所をとらず、処分場(しょぶんじょう)を長く使うことができます。また、燃やすことは悪臭(あくしゅう)細菌(さいきん)の発生をふせぐなどの衛生(えいせい)的な効果(こうか)があります。ところが、燃やすだけでは、炭酸(たんさん)ガスが増えるため、地球の温暖化(おんだんか)が進んでしまいます。
焼却場(しょうきゃくじょう)では、()め立てにまわす(はい)はできるだけへらして、(はい)をセメントなどいろいろな原料にまぜて活用(かつよう)したり、燃やしたときの熱で電気(でんき)温水(おんすい)をつくるなど、資源(しげん)として活用(かつよう)する方法がとられています。これも、リサイクルです。

(3)もう一度資源(しげん)にもどすとどうなる?
もう一度資源(しげん)として使えるものを集めて、リサイクルセンターで、細かくくだいたり、押しつぶしたりしてから、原料にして、リサイクルの工場で新しい製品をつくります。
リサイクルするためには、資源(しげん)にできるごみとできないごみを分けて出す必要(ひつよう)があります。ごみを分けて出すことを、ごみの分別(ぶんべつ)といいます。



上の円グラフが全部、みどり色になったら、ごみは、もうごみではなくなります。



ごみはリサイクルすることによって
たからに変身(へんしん)します。


ごみの分別(ぶんべつ)方法はだれが決めるの?



まちのごみ分別・収集・処理

広島県福山市の例
分け方 内容 処理(しょり)の方法
燃やせるごみ 台所(だいどころ)の生ごみ、紙くず、木くず、布(るい)衣類(いるい)(はい) 清掃工場(せいそうこうじょう)焼却(しょうきゃく)してから()め立て地へ
ペットボトル ペットボトル リサイクルセンターへ
プラスチックごみ ペットボトル以外のプラスチックごみ プラスチックのリサイクル工場へ
びん・かん びん類、かん(るい)金属類(きんぞくるい) リサイクル工場へ
燃やせないごみ ガラス類、とうき類、革製品(かわせいひん)、小型の家電、その他 資源(しげん)にできるものはリサイクル工場へ。資源(しげん)にできないものは()め立て地へ
燃やせない粗大(そだい)ごみ 自転車(じてんしゃ)、ストーブ、カーペットなど 資源(しげん)にできるものはリサイクル工場へ資源(しげん)にできないものは()め立て地へ
燃やせる粗大(そだい)ごみ 木のたんすやふとんなど 清掃工場(せいそうこうじょう)焼却(しょうきゃく)してから()め立て地へ
まちで処分(しょぶん)できないごみ 危険(きけん)有害(ゆうがい)ごみテレビ・エアコンなどの家電(かでん)4品目 専門(せんもん)処理会社(しょりがいしゃ)


秋田県秋田市の例
家庭ごみ 紙、木、プラスチックごみ、生ごみなど資源(しげん)化ごみと粗大(そだい)ごみ以外のごみ) サーマルリサイクル施設(しせつ)へ(燃やして発電(はつでん)
資源化(しげんか)ごみ 空きびん、空きかん、古紙類(こしるい)新聞紙(しんぶんし)、ダンボール、牛乳パック、雑誌類(ざっしるい))、ペットボトル、使用済み乾電池(かんでんち)金属類(きんぞくるい)、ガス・スプレー缶 それぞれのリサイクル工場へ
粗大(そだい)ごみ ガステーブル、自転車、(つくえ)、いす、ベットマット、オルガンなど リサイクル施設(しせつ)または焼却施設(しょうきゃくしせつ)


多くの市町村では次のようなものを、資源(しげん)ごみとして、集めています。

あなたのまちでは、どのような分け方をしているか、調べてみましょう。まちの分別(ぶんべつ)ルールを守ることが、リサイクルの量を増やすいちばんの近道です。



資源(しげん)ごみの回収(かいしゅう)のしかた

資源(しげん)ごみはいろいろな回収(かいしゅう)場所から集められます。



■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会