プラスチック図書館
図書館トップ

さまざまな分野(ぶんや)で使われるプラスチック製品(せいひん)

プラスチック製品(せいひん)はさまざまな分野(ぶんや)で使われ、いろいろな産業(さんぎょう)をささえるのに役立(やくだ)っています。

農業(のうぎょう)漁業(ぎょぎょう)では

 ビニールハウスのおかげで、私たちは気候(きこう)地域(ちいき)左右(さゆう)されずに、一年中、新鮮(しんせん)野菜(やさい)やくだものを食べられるようになりました。また、太陽の光や温度を調整(ちょうせい)して、害虫(がいちゅう)病気(びょうき)発生(はっせい)をおさえるハウスも普及(ふきゅう)しています。木製にかわって軽いプラスチック製の道具(どうぐ)が使われるようになり、労働(ろうどう)もしやすくなりました。漁業(ぎょぎょう)では、強化(きょうか)プラスチック製の漁船(ぎょせん)のほか、漁網(ぎょもう)をはじめ漁具(ぎょぐ)のほとんどがプラスチック製になりました。


ビニルハウス いくびょうばこ くだもののシート
ビニルハウス 田植(たう)()用育苗箱(よういくびょうばこ) くだもののシート
漁船 魚をとる網 魚を入れる箱
漁船(ぎょせん) 魚をとる(あみ) 魚を入れる(はこ)
写真提供:秋田共栄物産(ビニルハウス)、みのる産業(田植(たう)()用育苗箱(よういくびょうばこ))山形化成工業(魚を入れる(はこ)


()(もの)交通(こうつう)

 自動車(じどうしゃ)にもバンパーやダッシュボード、クッションなどたくさん使われています。プラスチック製品のわりあいがだんだん高まり、普通(ふつう)自動車では1台()たり75kg前後(ぜんご)になっています。プラスチックは車の(おも)さを(かる)くし燃費(ねんぴ)向上(こうじょう)役立(やくだ)っています。


車のハンドル バンパー ダッシュボード
車のハンドル バンパー ダッシュボード
スクーター ボディ 自転車のカゴ  子ども用座席
スクーター ボディ 自転車のカゴ 子ども用座席


住宅(じゅうたく)建築(けんちく)土木(どぼく)では

 プラスチックは水に強く、さびないことから、建築(けんちく)材料(ざいりょう)として多く使われています。とくに、燃えにくいことが特徴(とくちょう)(えん)樹脂(じゅし)は、住宅(じゅうたく)のゆかやかべ、水道管(すいどうかん)、雨どいなどの配管(はいかん)などで役立(やくだ)っています。歩道のブロックや、建設中(けんせつちゅう)のビルにかけるシート、工事中に使う三角ポールやてんめつ(とう)、お店のかんばんなど、まちの中ではいろいろなプラスチックを見つけることができます。


ゆか かべ材 建設中のシートと点滅灯
フローリング(ゆか) かべ(ざい) 建設中(けんせつちゅう)のシート
三角ポールとてんめつ灯 かんばん よくそう
三角ポールとてんめつ(とう) かんばん (よく)そう
写真提供:タイムワールド株式会社(かべ材=プラスチックハニカム)


医療(いりょう)では

 病院(びょういん)では、輸液(ゆえき)輸血(ゆけつ)注射器具(ちゅうしゃきぐ)などは、感染予防(かんせんよぼう)のためほとんどがプラスチックのワンユース(使いすて)になっています。コンタクトレンズ、入れ歯、人工関節(じんこうかんせつ)などもプラスチックの特性(とくせい)をいかしてつくられました。手術(しゅじゅつ)でもからだに自然(しぜん)吸収(きゅうしゅう)されるプラスチックの糸でぬうと、抜糸(ばっし)はしなくてよいこともあります。


レントゲンフィルム 点滴バック 注射器
レントゲンフィルム 輸液(ゆえき)バック 注射器(ちゅうしゃき)
コンタクトレンズ 体温計
コンタクトレンズ 体温計(たいおんけい)  
写真提供:テルモ株式会社(輸液(ゆえき)バック・注射器)


■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会