プラスチック図書館
図書館トップ

プラスチックの種類(しゅるい)

プラスチックには成分(せいぶん)がちがうたくさんの種類(しゅるい)があります。種類(しゅるい)によってそれぞれの性質(せいしつ)もちがいます。

おもなプラスチックの名前 略号(りゃくごう) 性質(せいしつ) おもなつかいみち
ポリエチレンテレフタレート PET とうめいで、強い。
薬品(やくひん)に強い。
ペットボトル、ビデオのテープ、たまごのパックなど
高密度(こうみつど)ポリエチレン HDPE 衝撃(しょうげき)に強い
薬品(やくひん)におかされない
食品(しょくひん)のふくろ、バケツ、せんめんき、灯油(とうゆ)タンク、パイプ、(あみ)、コンテナなど
(えん) V(PVC) 燃えにくい。じょうぶ。 やらわかいもの
手ぶくろ、農業用(のうぎょうよう)フィルム、電線(でんせん)コードなど

(かた)いもの
パイプ、雨どい、水道管(すいどうかん)(まど)のサッシなど
低密度(ていみつど)ポリエチレン LDPE 水より軽く、やわらかいが、薬品(やくひん)に強い。 ポリぶくろ、食品容器(しょくひんようき)、ラップ、紙パックの両面、シート、高圧電線(こうあつでんせん)など
ポリプロピレン PP 熱に強く、つやがある。 台所(だいどころ)風呂用品(ふろようひん)自動車部品(じどうしゃぶひん)、にづくりひもなど
ポリスチレン PS とうめいで(かた)い。きずつきやすい。 一般用
コンピュータ、プリンター、テレビなどの外がわ、プラモデル、ビテオカセットなど

発泡
発泡(はっぽう)スチロールの(はこ)食品(しょくひん)トレイなど
アクリル樹脂(じゅし) PMMA とうめいで強い。 メガネのレンズやコンタクトレンズ。写真(しゃしん)立てやポスターのフレーム、水族館(すいぞくかん)のまどガラスなど
AS樹脂 SAN とうめい。きずつきにくい。 調味料容器(ちょうみりょうようき)、使いすてライター、電気製品(でんきせいひん)(せんぷう機の羽、ジューサーなど)など
ABS樹脂(じゅし) ABS 不とうめい。われにくい。熱に強い。 旅行用トランク、家具(かぐ)、パソコン
ポリアミド ナイロン、PA じょうぶ。酸素(さんそ)を通さない。 ファスナー、レトルト食品(しょくひん)のふくろ、自動車部品、つり糸など
ポリカーボネート PC とうめいでわれにくい。熱に強い。 CD、MD、けいたい電話(でんわ)、ノートパソコン、カーポート
ポリ乳酸 PLA 植物が原料なので、作るときに出る二酸化炭素が少ない。とうめいでかたい。熱に弱い。 生ごみ袋、レジ袋、ICカードなど。


プラスチックの種類(しゅるい)をあらわすマーク

日本では、資源有効利用促進法(しげんゆうこうりようそくしんほう)で、飲みもの、しょうゆ、しょうゆ加工品(かこうひん)、みりん風調味料(ふうちょうみりょう)食酢(しょくす)調味酢(ちょうみす)、ノンオイルドレッシングなど 、酒類のペットボトルには、それ以外のプラスチックでできた容器(ようき)包装(ほうそう)には識別表示(しきべつひょうじ)マークを入れ、下に材料(ざいりょう)表示(ひょうじ)することが決められています。




アメリカで決められたマーク

プラスチック製品(せいひん)には、このようなマークがついていることがあります。これは、プラスチックの材料表示(ざいりょうひょうじ)マークといい、アメリカで容器包装(ようきほうそう)に使われたのがはじまりで、日本でも、輸入品(ゆにゅうひん)輸出品(ゆしゅつひん)などに見かけることがあります。7のOTHERは、「その他のプラスチック」という意味です。


プラスチックの見わけ方


1.とうめい度で見分ける方法
無色に近く、とうめいなもの アクリル樹脂(じゅし)、ポリスチレン、ペット樹脂(じゅし)、ポリカーボネート、AS樹脂(じゅし)、塩ビなど
半とうめいで、乳白色 ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリアセタールなど
不とうめいなもの ABS樹脂(じゅし)、フェノール樹脂(じゅし)など

2.曲げてみる方法
曲げるとわれるもの アクリル樹脂(じゅし)、ポリスチレン、AS樹脂(じゅし)
曲げると、白っぽくなるもの 硬質(こうしつ)塩ビ、ABS樹脂(じゅし)
やわらかく、曲げても色が変わらないもの ポリエチレン、ポリプロピレン、軟質(なんしつ)塩ビ

3.水につけてみる方法
水につけると、うくもの ポリエチレン,ポリプロピレン
水につけるとしずむもの ポリスチレン,塩ビ(軟質(なんしつ)硬質(こうしつ)),ペット樹脂(じゅし)、ナイロン、ポリカーボネート、その他

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会