ガス化

廃プラスチックを熱で分解して合成ガスにする手法です。この合成ガスは水素、メタノール、アンモニア、酢酸などの化学工業原料になります。身近なものでは、虫さされの薬やナイロン、肥料、ドライアイスとしても利用されています。

合成ガスから作ったアンモニアは、身近な製品の原料に

左上:アクリル繊維、右上:ナイロン繊維、左下:虫さされの薬、右下:肥料写真

写真提供:昭和電工株式会社