マテリアルリサイクル

マテリアルリサイクルでは、廃プラスチックをフレークやペレットという原料にしたのち、溶かして再び成形し、プラスチック製品に再生しています。

リサイクル原料の例

左:フレーク写真・右:ペレット写真
フレーク:
廃プラスチックを8ミリ角ほどの大きさに粉砕したもの(主にPETボトル)。「フレーク」は「薄い片」を表す言葉です。
ペレット:
粉砕した廃プラスチックを溶かして小さな粒状に加工したもの。運搬・貯蔵がしやすく、加工性もよくなります。「ペレット」とは「丸薬」を意味する言葉です。