プラスチックのリサイクル

  • リサイクルってなんだろう
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

リサイクルで、何ができるの?

プラスチックのリサイクル手法は3つでしたね。それぞれ、どんなものができるのか詳しく教えてください。

プラスチック・リサイクルの手法

廃プラスチックをリサイクルする手法は、大きく分けると

  1. @マテリアルリサイクル
  2. Aケミカルリサイクル
  3. Bサーマルリサイクル

の3つですが、長年の技術開発によって、@〜Bそれぞれに多くの手法が実用化されてきています。
まとめると、次のようになります。(下図のボタン部分をクリックすると、説明が現れます)

マテリアルリサイクル

廃プラスチックをプラスチック原料としてプラスチック製品に再生する手法です。 「材料リサイクル」ともいいます。

プラ製品化
作業着、ユニフォーム、シャツ、トレー、文具、洗剤用ボトル、コンテナ、ベンチ、フェンス、遊具、建築資材、公園・道路・鉄道・農林水産関係の用品や施設

ケミカルリサイクル

廃プラスチックを化学的に分解するなどして、化学原料に再生する手法です。

原料・モノマー化
ボトル to ボトル
高炉原料化
製鉄所で使う還元剤
コークス炉化学原料化
コークス、炭化水素油、コークス炉ガス
ガス化
水素、メタノール、アンモニア、酢酸などの化学工業原料、燃料
油化
生成油、燃料

ガス化・油化については、燃料として再利用する場合はサーマルリサイクルということもできます。

サーマルリサイクル

廃プラスチックを焼却して熱エネルギーを回収したり、固形燃料にしたりする手法です。熱回収、エネルギー回収とも呼ばれます。

固形燃料化
RDF、RPF
セメントキルン原燃料化
セメント製造時の原燃料※
ごみ焼却熱利用・発電
温水(温水プール・浴場)、暖房、電気など

※原燃料:セメントキルン(セメント製造用の回転式窯)で燃焼補助剤として使われ、燃えたあとの灰はセメント原料の一部としてリサイクルされるもの。

このページの上へ