おもしろ科学自由研究プラスチックを()かそう、くっつけよう【動画つき】

実験(じっけん)

みかんやレモンの皮には、「リモネン」というオイルがふくまれている。
このオイルで、プラスチックで指もんをとったり、プラスチックをくっつけたりできるという。
(たし)かめてみよう。

対象学年
かかる日数
  • 1日
  • 2日
  • 3日

おうちの方へ

科学的思考力を育む自由研究

子供たちが科学のおもしろさにふれ、科学的思考力の芽が伸びることを願い、提案する自由研究プログラムです。疑問をもって取り組み、実験や観察、比較のプロセスの中で、さまざまな「気づき」があり、それが次へのステップにつながり、科学的思考力を育んでいきます。
写真つきのやり方解説でお子様にもわかりやすいように構成しています。子供だけでは難しい工程はおうちの方が少し助けてあげてください。

用意するもの

1かんきつ(るい)(グレープフルーツ、レモン、みかんなど)

2そうざい容器(ようき)のふた(PS(せい)のもの)中性(ちゅうせい)洗剤(せんざい)(あら)っておく

3ポリスチレンのプラスチックスプーン(2本)

4発泡(はっぽう)スチレンボード

実験(じっけん) 1グレープフルーツで指もんをとろう

実験(じっけん)のやり方

1

グレープフルーツの皮を切って、軽く()ると、皮のつぶつぶ模様(もよう)の中にある油(オイル)が出てくる。これを指先に()ける。

2

指先にうすく()()ばして、ポリスチレンの板(おそうざい容器(ようき)のふたやプラコップ)にそっとつけて、(はな)す。

3

少し待って、水で(あら)っても、指もんが(のこ)っているのを観察(かんさつ)する。

4

ペットボトルや透明(とうめい)なカバーでもできるか、(ため)してみよう。同じようになるだろうか?
実験(じっけん)結果(けっか)を写真にとって記録(きろく)しよう。

実験がおわったら、手を洗おう。

考えてみよう!
どうしてある種類(しゅるい)のプラスチックだけに指もんが()くのだろうか。
水で(あら)っても落ちないのはなぜだろうか。

解説

なぜグレープフルーツで指もんがついたの?

かんきつ(るい)のくだものの皮に見られるつぶつぶ模様(もよう)には、リモネンという油の一種(いっしゅ)がふくまれています。リモネンにはプラスチックを()かす(はたら)きがあるため、指もんが()いたところが()けて、(あら)っても落ちない指もんがついたのです。
ただし、プラスチックの中でも、ポリスチレンは()けますが、ペットボトルのポリエチレンテレフタラートやポリプロピレンは()けません。プラスチックの種類(しゅるい)(べつ)(とく)ちょうについては、プラスチック図書館で解説(かいせつ)しているので、調べてみましょう。

リモネンは、発泡(はっぽう)スチロールなどを()かして、プラスチックを再生(さいせい)するのに使われています。

発泡(はっぽう)スチロールリサイクル実験(じっけん)を動画で見る

実験(じっけん) 2プラスチックをくっつけてみよう

実験(じっけん)の様子を動画で見る

実験(じっけん)のやり方

1

グレープフルーツの皮を切って、軽く()ると、皮のつぶつぶ模様(もよう)の中にある油(オイル)が出てくる。これを指先に()ける。

2

ポリスチレンの小さなスプーンに、リモネンをつけて、くっつけてみよう。

3

スチレンボードを細長く切って、リモネンをつけて、くっつけてみよう。

おまけ実験(じっけん)接着剤(せっちゃくざい)発泡(はっぽう)スチレンボードに絵をかこう

実験(じっけん)の様子を動画で見る

実験(じっけん)のやり方

プラモデル用の接着剤(せっちゃくざい)には、リモネンが多くふくまれているものがある。この接着剤(せっちゃくざい)発泡(はっぽう)スチレンボードに絵をかくとどうなるだろう。

アロマテラピーなどでよく耳にする
オレンジオイルにもたくさんのリモ
ネンがふくまれているよ。

まとめ方見本

見本を参考(さんこう)にして、実際(じっさい)実験(じっけん)をやってみてキミが気がついた
ことや不思議(ふしぎ)に思ったことをまとめてみよう。