おもしろ科学自由研究偏光(へんこう)シートでにじ色アート【動画つき】

実験(じっけん)&工作

偏光(へんこう)シートを通して見ると透明(とうめい)なプラスチックに不思議(ふしぎ)模様(もよう)()かび()がる。
いろいろなプラスチック製品(せいひん)観察(かんさつ)してみよう。
観察(かんさつ)後に透明(とうめい)テープを使って様々な模様(もよう)をつくる実験(じっけん)アートに挑戦(ちょうせん)しよう。

対象学年
かかる日数
  • 1日
  • 2日
  • 3日

おうちの方へ

科学的思考力を育む自由研究

子供たちが科学のおもしろさにふれ、科学的思考力の芽が伸びることを願い、提案する自由研究プログラムです。疑問をもって取り組み、実験や観察、比較のプロセスの中で、さまざまな「気づき」があり、それが次へのステップにつながり、科学的思考力を育んでいきます。
写真つきのやり方解説でお子様にもわかりやすいように構成しています。子供だけでは難しい工程はおうちの方が少し助けてあげてください。

用意するもの

  1. 1透明(とうめい)な下じき
  2. 2コピー用紙や半透明(はんとうめい)のシート
  3. 3ティッシュの空き箱
  4. 4スマートホン
  5. 5偏光(へんこう)シート(2(まい)

    偏光(へんこう)シートは、ネットで買うことができます。

  6. 6透明(とうめい)テープ(OPPテープ)

    セロハンテープも使えますがプラスチックではありません。

実験(じっけん) 1偏光(へんこう)シートでプラスチックを観察(かんさつ)しよう

実験(じっけん)の様子を動画で見る

実験(じっけん)のやり方

1

ティッシュの空き箱にコピー用紙をのせ、テープで軽くとめる。

2

箱の中に、ライトをつけたスマートホンを入れる。

3

偏光(へんこう)シートを1(まい)しいて、観察(かんさつ)したいプラスチックをのせ、もう1(まい)偏光(へんこう)シートを通して観察(かんさつ)する。

4

いろいろな透明(とうめい)プラスチックを2(まい)偏光(へんこう)シートの間に入れて観察(かんさつ)してみる。偏光(へんこう)シートを回転させると、模様(もよう)はどんなふうに()わるか見てみよう。面白(おもしろ)模様(もよう)ができたら写真にとって記録(きろく)する。

ポイント
透明(とうめい)なポリ(ぶくろ)、シートや文具、いろいろな容器(ようき)などを見てみよう。どれも、色が見えるだろうか?どんなところに色がでているだろうか?
発展(はってん)実験(じっけん)
プラスチックのシートを()()げてもとにもどして、2(まい)偏光(へんこう)シートの間に入れて観察(かんさつ)してみよう。()()げたあとが(のこ)っているところはどう見えるだろう?

解説

偏光(へんこう)シートって何?

光は波のように振動(しんどう)しています。偏光(へんこう)シートは一方向の振動(しんどう)だけを通す性質(せいしつ)があります。2(まい)を重ねて見ると、重ねる向きで、光を通さず黒く見えたり、()けて見えたりします。

間に、スプーンなどを入れると、そこだけ振動(しんどう)の方向が()わって、光がシートを(とお)()けてきます。

()()げたあとのあるプラスチックの場合も、そこだけ色が()わって見えたのなら、その部分の光のくっせつが変化(へんか)したからです。

実験(じっけん) 2偏光(へんこう)シートで透明(とうめい)テープを観察(かんさつ)しよう

実験(じっけん)の様子を動画で見る

実験(じっけん)のやり方

下じきなどに、透明(とうめい)テープをはって偏光(へんこう)シートで見てみよう。どんな色が出てくるかな。次にテープを重ねてはって、重ねるテープの枚数(まいすう)と色の関係(かんけい)を調べてみよう。

1

まず、透明(とうめい)テープを1(まい)だけはって偏光(へんこう)シートで見てみよう。

2

テープを段々(だんだん)に重ねてはるとどんな具合に見えるだろう。

3

(まい)ずつテープのはる角度を()える実験(じっけん)もしてみよう。

実験(じっけん) 3透明(とうめい)テープでにじ色アートを作ろう

作品を動画で見る

実験(じっけん)のやり方

透明(とうめい)テープやそのほかのプラスチックをはりあわせて、きれいなアート作品を作ってみよう。

実験(じっけん)2の結果(けっか)を思い出しながら、
はる角度や(あつ)さを()えてみよう。
カラフルですてきになるよ。

まとめ方見本

見本を参考(さんこう)にして、実際(じっさい)実験(じっけん)をやってみてキミが気がついた
ことや不思議(ふしぎ)に思ったことをまとめてみよう。